■プロフィール

現場監督さん

Author:現場監督さん
プラント工事の現場監督です。    業務負担の大きい40代。        日本全国巡ってます。

ランキング参加中です。
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへ

■カテゴリー
■最近の記事
■フリーエリア
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■リンク
■フリーエリア

■最近のコメント
■RSSフィード
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■フリーエリア

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
放射能を浴びる仕事
「放射線作業手当てが付きます」

*運転後の原発内での作業*

運転後の原発内の放射線管理区域内で作業をすると、
当然ながら被爆する。
防護服を着ていても軽減するだけだから。

原発内で働く人の被爆量は管理されているので、
許容値以上の被爆をすることはない。

金額は各会社で違うだろうけど、放射線作業手当てが付く。
やっぱり気持ちのいいものでは無いからね。
一般の人より多く被爆するのは確実なので。

管理されている分、健康被害の心配は無いと思うしかない。

建設・プラント業でも塗装や粉塵作業の方が、
明確な数値で管理できない分、
よっぽど健康を害しているのでは。
建設業って大変です。ご苦労さまです。

私も現場での一日が終わると鼻の中が真っ黒になる。
工事現場は非常にホコリが舞っているので。
マスクしてても簡易マスクだから隙間から吸ってしまう。

*体力的には楽かもしれない*

高濃度エリアで作業をしたら短時間で退出になる。
すると、その日の残り時間は簡単な雑用をするか、
休憩しているか。ある意味、楽ができる。

手当てが付いて短時間で済む仕事には訳があるから。

放射能について理解したうえで、
その仕事を選ぶかどうかは本人次第。

ちなみに、私は建設中心なので運転後の原発内には
あまり立入ることは無い。
手当て無しで放射線内作業をするかと言われたら、
はっきりと断る。
人体に影響無いと聞いてても不安は残る。
手当ては、不安な気持ちの補償だと考えている。


テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

原子力発電所の特殊性 | 13:37:05 | Trackback(0) | Comments(0)
IAEA調査団結論
*柏崎原発安全に停止*

IAEA(国際原子力機関)の調査が終わり、
「原発は安全に停止し、損傷は予想を下回った」
という見解がでた。

新潟県知事も「事実上の安全宣言だ」として、
「風評被害が軽減されることを期待している」と語っている。

*トイレットペーパに負ける*

柏崎刈羽原発の安全性が証明されたのだけれども、
TV、新聞の扱いが目立たない。

泊原発のトイレットペーパ不審火の方が扱いが
目立ってたような気がする。

細かい(たいしたことない)トラブルも大きく報道してきたのに、
この大事な安全証明に対しては、さらっと流しているのは、
どういうこと?

読売新聞を購読しているけど、あやうく読み飛ばしそうだった。
悪い面を大々的に報道するばかりでなく、
良い面も同等に報道して欲しいものだ。

東京電力は叩かれたからって引っ込んでないで
堂々とアピールするのも仕事でしょ。少しは胸を張れ。

そうでないと、現場で汗水流して作業している者の
誇りは失われたままになる。悔しい。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 11:35:47 | Trackback(0) | Comments(0)
柏崎の風評被害
「放射能を浴びるのは作業者だって嫌です」

*週刊誌に怒る*
「放射能を含んだ水は、もっと海に流れでたのでは?
 東電は信用できない。」
「昔より魚が取れなくなっているが、
 放射能を含んだ水が日頃から流れ出ているのでは?」
なんてことが書いてあった。

柏崎滞在中には海の幸と地酒に楽しい時を過ごさせてもらったが、
観光客が風評被害で減ってしまうのは悲しい。
国と東京電力の安全アピールの努力も、もっと必要だけど、
むやみに不安を煽るマスコミ(特に週刊誌)の姿勢は許せない。
真実だと確信をもって報道してる?

*溢れた水*
今回、プールから溢れた水は人が拭き取っている。
もし、大量に高濃度の放射能を含んだ水が溢れまくっていたら、
大量の人員を投入して拭き取り作業を行っていたでしょう。

作業者の安全を考慮して、一日、年間に被爆してもよい
放射線量は決まっている。
原発を見学したことがある人は分かるだろうけど、
被爆量を測定するシステムがあり、その管理は
厳重になっている。

*普段から海に放射能を含んだ水が流出?*
皆が疑いの目で見てしまうのは、やはり電力会社と
重電メーカーの問題だろう。
データ改ざんとか発覚したし。
排水の放射能モニタリングは完璧ですと、
皆に信じてもらうまで頑張らんかい。

でも、「実は普段から流れ出てました・・・」
なんて言われたら私だって怒りまくる。

工事者から見てると非常に歯がゆい。
汗水たらして工事に関わると施設に愛着が出てくるから、
なんか原子力発電所そのものを擁護してしまっているような。
国の原子力政策と電力会社を擁護する気にはなれないけど。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 14:15:56 | Trackback(0) | Comments(0)
泊原発の連続不審火事件 
*泊原発のトイレペーパー焦げる*
さすが原発。作業所のトイレのトイレットペーパーが
焦げても全国の紙面を飾る。

これで不審火は6件発生。報道されるのを楽しんでいる
愉快犯だろうか。
ほかの施設で同じことやっても地方紙の片隅にしか
載らないからね。
それにしても、けしからん奴だ!


*原発の中で迷子になる*
原発の施設内の構造は複雑なので、建設中は迷子になることも
普通にある。目に付かない場所だって多い。
隠れて火をつけるのは簡単かも。

原発は巨大な施設なので、とにかく広い。
TV映像だと分からないけど地下部分も広い。

なので、我慢できない人がウ○コをして
放置していることが数回あった。
建設中はトイレが限られていて遠いから、
いきなりの生理現象に耐えれなかったとしても、
後始末をしてくれよ・・・。

でも火をつける悪い奴はいなかった。もうやめてー。










テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

泊原発 | 12:57:29 | Trackback(0) | Comments(2)
原子力発電所の耐震クラス 2
*耐震設計を勝手に抽象的な表現にすると*

通勤電車内での状態で表現(通常の停発車を想定)
・一般設備    立っている
・事業用発電所  立って吊革につかまっている
・Cクラス    席に座っている
・Aクラス    端の席に座って手すりを握りしめている

私は最初からは原発で仕事をしてなかったので、
初めて原発で仕事をした時は
「なんで、ここまで頑丈にするの?」
「これは金がかかるなー」と感じていた。
工事やってると、すごく手間がかかるのに少し腹がたっていた。
通常のプラント工事よりも管理項目も多く書類も多くなる。

でも、原発は手抜きを許されない。
少し前に原発の記録データ改ざんで電力会社とメーカーが
責められていたけど、信頼を無くしたら原発の未来は無いよー。
一時的な損失を避けようとした結果、損と不信感が増大
しちゃった。

工事に関わる者は信頼も作っていかなければ。
私の担当範囲では、改ざんなどはやってない。

でも頑丈と思っていたCクラスも地震の直撃を受けると
壊れてしまうものなのか・・・。
だからAクラスだって、今までに無いような強力な地震が直撃したり、
某国の核ミサイルが直撃したら・・・
100%安全とは断言できない。

東京電力も腹を割って話をして欲しいな。

東京電力のキャンペーンです




テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

原子力発電所の特殊性 | 16:05:10 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。