■プロフィール

現場監督さん

Author:現場監督さん
プラント工事の現場監督です。    業務負担の大きい40代。        日本全国巡ってます。

ランキング参加中です。
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへ

■カテゴリー
■最近の記事
■フリーエリア
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■リンク
■フリーエリア

■最近のコメント
■RSSフィード
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■フリーエリア

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大地震の夜  悪夢の始まり
大地震が発生した日の夜。
テレビでは暗闇の中で炎に包まれる街、何もかも押し流す津波、
電車が動かず大混乱の関東の情報が流れてました。

私たちの職場では、
「福島第一原発が、かなり厳しい状態だ。やばい。」

この時点では、メディアでは福島原発は、あまり取り上げられて
いませんでした。自動停止しているという情報くらいでしょうか。

しかし、メデイアと関連先からの断片的な情報から、
この先、とんでもないことになるかもと思ってました。


「非常用電源装置が動いてない。」

「冷却系統の機能に不具合が生じている。」


なんで!? 地震で壊れた? 最後の砦なのに?

この時には、津波が建屋に押し寄せたことを知りませんでした。

早く復旧しないと大変なことになる。
原子力発電所の機能を、ある程度、知っている人だったら、
ものすごく不安になったと思います。

地震の被害は当然のことながら心配でしたが、
福島原発に対しては、どんよりとした不安を抱えて、
なかなか寝付けませんでした。
明日、どうなってるかな・・・。
地震と津波だけでも、もの凄い災害なのに、
ここで原発災害が起きたら、日本は、どうなるのか・・・。

私は地震発生時、西日本の現場にいました。今もですが。
東日本の太平洋側には原子力・火力発電所が多く設置されており、
仕事をしていた場所も多いです。
タイミングによっては、被害を受けている発電所で、
仕事をしていたかもしれません。

知り合いも多いので安否が心配でしたが、
この夜の混乱の中では、全然、情報を得ることができませんでした。
ただ、皆の無事を祈るばかりでした。




スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

福島原発 | 15:52:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。