■プロフィール

現場監督さん

Author:現場監督さん
プラント工事の現場監督です。    業務負担の大きい40代。        日本全国巡ってます。

ランキング参加中です。
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへ

■カテゴリー
■最近の記事
■フリーエリア
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■リンク
■フリーエリア

■最近のコメント
■RSSフィード
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■フリーエリア

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
柏崎原発でボヤ
*柏崎原発でボヤ*

東京電力は20日、現在定期検査中の柏崎刈羽原子力発電所
1号機の原子炉複合建物屋上で仮設クーラーの
電源ケーブルから同日午前10時48分ごろに
発火があったと発表した。

作業員が確認し初期消火の後に消防署に連絡、
消防署は午前11時26分に鎮火を確認した。

けが人や外部への放射能の影響はないとしている。
原因は今後調査する。


久しぶりにブログを更新した。
仕事で色々とあって、ブログに気が回らなかったので。

現象としては、たいしたことないトラブルだけど、
なにせ原発だから。ささいなことも発表、報道。
放射能の影響はありませんと報告必須。

仮設クーラーだからケーブルも仮設だったのかな。
定期点検も中断になって、仮設物の点検している状態かな。

原発での工事は、ほんとに気が抜けない。
ささいなことでも全国報道になる。
でも、全国報道になると、ささいなことも大事に変わる。

原発で起こるトラブルは、ささいなことでも大事だと、
肝に銘じて頑張らなければならない。

このニュースを見たときに、一般の人は、何を考えるのだろう?

冷静に受け止めている自分は、もはや一般の人では無いし。


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 16:39:28 | Trackback(0) | Comments(0)
浜岡原発が東海地震で爆発して大災害になると訴える本
「放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策」


静岡県の浜岡原発が東海地震の直撃で爆発して、
放射能が関東地方が覆う危険を訴えた本。
ちょっと気になって読んでしまった。

原発が爆発してしまったときの対策に重点が置いてある。

浜岡原発の地震対策の対応のまずさや、構造の欠陥、
手抜き工事の告発など危険性を訴えている。

かわいい絵柄と分かり易い文章だけど、
書いていることは過激だし、そこまで言うの?
と工事屋としては感じてしまう部分も多い。

原発は、どうしようも無くボロボロに表現されて、
賛同しかねる記述も多いけど、原発の危険性を
一般の人にも分かりやすく説明している点は良いと思う。

なによりも、実際に原発が爆発したときの準備、対応を
丁寧かつ具体的に書いてあるのは勉強になる。

でも、ちょっと原発をコケにしすぎだな・・・。
かわいいイラストで恐怖を煽るのも、どうかと。

文句はあるが勉強になる一冊だった。

いろんな意見を取り入れていくことも、原発工事に
関わる人間の義務だと思っている。
そういう解釈もあるのだなと、広い視野で物事が見れる
ようになる。

地震大国日本  原発大国日本

大地震に備えるだけでなく、原発爆発に備えることも、
原発大国の日本に住んでいるのだから当然なのかも。


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

原発を学ぶ | 16:05:42 | Trackback(1) | Comments(0)
泊原発の連続放火は終わり?
「泊原発でのボヤが最近無くなったなー。」

*愉快犯は現場から去った?*

北海道泊原発での連続ボヤが止まった。

放火犯は現場の受持ち作業が終わって、
他の現場に移ったのかな?
それとも、騒ぎが大きくなりすぎて警戒しているのか?

みんなが懸命に作業しているので、放火などのケシカラン
ことは一切やめて欲しい。

放火が無くても現場ではボヤが起きる。
溶接、溶断、グラインダーなどでは火花が出るので、
しっかりと養生してないと知らないうちに引火する。

大きな工事現場では軽いボヤを完全に無くすのは難しい。
一般の工事現場でボヤがあっても地方ニュースにも
ならないが、原発では全国ニュースになる。

それも、’放射能漏れはありませんでした’と丁寧に
コメントが付く。

確かに全てを公開するのは大事だけど、工事関係側から
見ると、大げさだなとも感じてしまう。
ま、なんでも情報公開をする姿勢が大切ということ。

作業員のケガについても同じで、原発では全国ニュースになる。

原発で工事を管理する立場になると、ニュースになる出来事を
起こさないようにするだけでも労力を使う。
一般工事よりもプレッシャーが大きい。
それだけ、原発は工事でも完璧さが求められる。

現場監督はプレッシャーもストレスも他の現場より大きくなり、
原発での工事は現場監督にとっても特別なものとなる。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

泊原発 | 08:27:15 | Trackback(0) | Comments(0)
NHKスペシャル
先日のNHKスペシャルで原発の耐震問題を特集していた。
柏崎刈羽原発が地震発生時の対応で大混乱になっていた
状態もインタビューで十分に伝わってきた。

変圧器の火災については、大災害にはつながらないと判断
していたが、地震後のTVで見てたときに私も同じように
考えていた。

でも、一般の方は原発で火災=大惨事と考えてしまうので、
消火活動の不備は大きく反省して欲しい。

立っていられないほどの地震のあとで、冷静に対応するのは、
なかなか難しそうだ。
日頃からの訓練と対応策の充実で、なんとか不信感を減らす
ように電力会社の対応に期待する。

でも、今回の地震で、一気に地震対策への動きが活発になった。
災い転じて福となすように取り組んでもらいたい。

原発廃止論も沸きあがっているけど、原発を止めたら現在の
電力供給量は確保できない。
代替電力を一気に準備できるのならば別だけど、可能か?
私は無理だと思っている。
CO2削減を提唱されている中で、今でも石炭火力発電所を
新規建設しているのが現状。
クリーンエネルギーの飛躍的な技術進歩に期待している。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 14:02:17 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。