■プロフィール

現場監督さん

Author:現場監督さん
プラント工事の現場監督です。    業務負担の大きい40代。        日本全国巡ってます。

ランキング参加中です。
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへ

■カテゴリー
■最近の記事
■フリーエリア
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■リンク
■フリーエリア

■最近のコメント
■RSSフィード
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■フリーエリア

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
柏崎原発でボヤ
*柏崎原発でボヤ*

東京電力は20日、現在定期検査中の柏崎刈羽原子力発電所
1号機の原子炉複合建物屋上で仮設クーラーの
電源ケーブルから同日午前10時48分ごろに
発火があったと発表した。

作業員が確認し初期消火の後に消防署に連絡、
消防署は午前11時26分に鎮火を確認した。

けが人や外部への放射能の影響はないとしている。
原因は今後調査する。


久しぶりにブログを更新した。
仕事で色々とあって、ブログに気が回らなかったので。

現象としては、たいしたことないトラブルだけど、
なにせ原発だから。ささいなことも発表、報道。
放射能の影響はありませんと報告必須。

仮設クーラーだからケーブルも仮設だったのかな。
定期点検も中断になって、仮設物の点検している状態かな。

原発での工事は、ほんとに気が抜けない。
ささいなことでも全国報道になる。
でも、全国報道になると、ささいなことも大事に変わる。

原発で起こるトラブルは、ささいなことでも大事だと、
肝に銘じて頑張らなければならない。

このニュースを見たときに、一般の人は、何を考えるのだろう?

冷静に受け止めている自分は、もはや一般の人では無いし。


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 16:39:28 | Trackback(0) | Comments(0)
NHKスペシャル
先日のNHKスペシャルで原発の耐震問題を特集していた。
柏崎刈羽原発が地震発生時の対応で大混乱になっていた
状態もインタビューで十分に伝わってきた。

変圧器の火災については、大災害にはつながらないと判断
していたが、地震後のTVで見てたときに私も同じように
考えていた。

でも、一般の方は原発で火災=大惨事と考えてしまうので、
消火活動の不備は大きく反省して欲しい。

立っていられないほどの地震のあとで、冷静に対応するのは、
なかなか難しそうだ。
日頃からの訓練と対応策の充実で、なんとか不信感を減らす
ように電力会社の対応に期待する。

でも、今回の地震で、一気に地震対策への動きが活発になった。
災い転じて福となすように取り組んでもらいたい。

原発廃止論も沸きあがっているけど、原発を止めたら現在の
電力供給量は確保できない。
代替電力を一気に準備できるのならば別だけど、可能か?
私は無理だと思っている。
CO2削減を提唱されている中で、今でも石炭火力発電所を
新規建設しているのが現状。
クリーンエネルギーの飛躍的な技術進歩に期待している。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 14:02:17 | Trackback(0) | Comments(0)
IAEA調査団結論
*柏崎原発安全に停止*

IAEA(国際原子力機関)の調査が終わり、
「原発は安全に停止し、損傷は予想を下回った」
という見解がでた。

新潟県知事も「事実上の安全宣言だ」として、
「風評被害が軽減されることを期待している」と語っている。

*トイレットペーパに負ける*

柏崎刈羽原発の安全性が証明されたのだけれども、
TV、新聞の扱いが目立たない。

泊原発のトイレットペーパ不審火の方が扱いが
目立ってたような気がする。

細かい(たいしたことない)トラブルも大きく報道してきたのに、
この大事な安全証明に対しては、さらっと流しているのは、
どういうこと?

読売新聞を購読しているけど、あやうく読み飛ばしそうだった。
悪い面を大々的に報道するばかりでなく、
良い面も同等に報道して欲しいものだ。

東京電力は叩かれたからって引っ込んでないで
堂々とアピールするのも仕事でしょ。少しは胸を張れ。

そうでないと、現場で汗水流して作業している者の
誇りは失われたままになる。悔しい。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 11:35:47 | Trackback(0) | Comments(0)
柏崎の風評被害
「放射能を浴びるのは作業者だって嫌です」

*週刊誌に怒る*
「放射能を含んだ水は、もっと海に流れでたのでは?
 東電は信用できない。」
「昔より魚が取れなくなっているが、
 放射能を含んだ水が日頃から流れ出ているのでは?」
なんてことが書いてあった。

柏崎滞在中には海の幸と地酒に楽しい時を過ごさせてもらったが、
観光客が風評被害で減ってしまうのは悲しい。
国と東京電力の安全アピールの努力も、もっと必要だけど、
むやみに不安を煽るマスコミ(特に週刊誌)の姿勢は許せない。
真実だと確信をもって報道してる?

*溢れた水*
今回、プールから溢れた水は人が拭き取っている。
もし、大量に高濃度の放射能を含んだ水が溢れまくっていたら、
大量の人員を投入して拭き取り作業を行っていたでしょう。

作業者の安全を考慮して、一日、年間に被爆してもよい
放射線量は決まっている。
原発を見学したことがある人は分かるだろうけど、
被爆量を測定するシステムがあり、その管理は
厳重になっている。

*普段から海に放射能を含んだ水が流出?*
皆が疑いの目で見てしまうのは、やはり電力会社と
重電メーカーの問題だろう。
データ改ざんとか発覚したし。
排水の放射能モニタリングは完璧ですと、
皆に信じてもらうまで頑張らんかい。

でも、「実は普段から流れ出てました・・・」
なんて言われたら私だって怒りまくる。

工事者から見てると非常に歯がゆい。
汗水たらして工事に関わると施設に愛着が出てくるから、
なんか原子力発電所そのものを擁護してしまっているような。
国の原子力政策と電力会社を擁護する気にはなれないけど。

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 14:15:56 | Trackback(0) | Comments(0)
柏崎刈羽原発の変圧器火災3
*他の変圧器も油漏れ*

東京電力の報告をみると多数の変圧器で油漏れがあったそうで、
場合によっては他の変圧器も火災になった可能性はありそう。

変圧器廻りは火気厳禁のため直接的に火災を誘発するものは
設置されてない。

電気ケーブルはケーブルの損傷があれば火花が発生し引火する。
そのケーブルの支柱が地盤沈下してケーブルが損傷したと
報告されている。

そういう事が起こるとは考えたことが無かった。

*耐震AクラスとCクラス*
この変圧器は原子力発電所では重要度の低い設備(Cクラス)
とされている。
このCランクはAクラス(超重要)に比べて強度が弱いが、
一般施設と比べれば頑丈に設計されている。
本体が頑丈と言うより、本体や周りの機器を支える構造物や
基礎が特に頑丈に設計されている。

Cクラスの機器が壊れると原発の発電する機能は止まるが、
原子炉を保護する機能には関わっていない。
ある機器の1台が壊れても予備機がある場合は運転を継続できる。

変圧器に関しては予備機が無い場合がほとんど。
モーターやポンプと違って動きのある機器ではないので簡単には
壊れない。

*身近にある変圧器*
変圧器設備は各発電所、変電所、工場などに設置されている。
サイズは小さいけれど探せば以外と身近にあるもの。

一般の施設だったら、もっと大きなダメージを受けることになる。
油が漏れても火災に至るかは周りの構造、タイミングによるので、

これからは、そういう目で現場をみていかなきゃいかんなと
肝に銘じた。工事屋の腕の上に安全がある。

一般設備で変圧器が燃えても軽いニュースで終わりそうだけど、
原子力発電所は許されないからね。

東京電力も腹を割って話をして欲しいな。

東京電力のキャンペーンです




テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

柏崎刈羽原発トラブル | 20:20:43 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。